西国分寺・西国分寺駅前の歯医者、本間歯科医院の予防歯科・歯のクリーニング・ホワイトニング

予防歯科

痛くなる前の予防歯科

歯周病・日頃のケアが大切です

歯医者は、歯が痛い時に来る所と、思っていませんか?
歯の汚れを落とすのは、「ホワイトニング」だと思っていませんか?

初期の虫歯や、虫歯になりそうな歯は、痛みを感じません。
ですから歯が痛くなったり・異常を感じる前の
健診・処置が、とても大切なのです。

予防歯科では、健診、歯磨きの指導、歯のクリーニングなどを行います。
歯のクリーニングは、毎日の歯磨きでは取りきれない汚れ(茶渋やたばこのヤニ)・歯垢・歯石を取り除きます。

成人の約8割が歯周病!?

歯周病・日頃のケアが大切です

歯周病は、磨いたつもりになっていてもケアが難しく、また初期の段階では痛みや自覚症状に乏しいため、実は歯を失う原因の第1位となっています。
そして、成人の約8割が歯周病を抱えていると言われています。
歯周病の原因は、歯と歯茎の境目にたまる歯垢や歯石の中の細菌といわれています。
歯周ポケットと呼ばれる「歯と歯茎の溝」に細菌のひそむ汚れがたまっていき、歯茎の内部で炎症を起こすのです。あなたの歯を守るために、しっかりと歯周病予防を行っていくことが大切です。

歯周病を予防するには?

まずは、歯医者で定期的な健診を受けましょう。早期発見・早期予防!自分の歯と歯茎の状態を把握しましょう。
また、歯のクリーニングが大変有効です。
歯のクリーニングでは、毎日の歯磨きでは取りきれない汚れ・歯垢・歯石を取り除きます。

●歯周病のチェック
※下記のような症状が気になる方、歯医者での早目の健診がおすすめです。
・歯ぐきが腫れた
・疲労時やストレスがあるとき、歯肉が腫れやすい。
・歯が伸びてきた。
・歯みがき時などに、歯肉から出血しやすい。
・起床時に口が苦く、ネバネバして気持ちが悪い。
・歯と歯の間に、食べ物が挟まりやすい。隙間ができてきた。
・人から口臭があると言われる。

歯のクリーニング

歯の着色物を落とすこと・歯をきれいにすることは、「ホワイトニング」と思っている方も多いのではないでしょうか?
・歯の汚れを取り除くのがクリーニング、
・歯そのものの色を、白く漂白するのがホワイトニングです。
歯のクリーニング(歯のお掃除)は、虫歯・歯周病予防はもちろん下記のような方にも有効です。

成人の男女 少し高齢の夫婦 スーツ姿の男女
たばこのヤニ・茶渋を取りたい
歯が黄色くなってきた気がする
人前で話す機会が多い
いつも清潔な歯・口元でいたい
忙しくて長期に渡る治療は困難
早期発見・早期治療をしたい

歯医者の専門の機材で徹底的に歯をお掃除し、歯の表面をつるつるに磨きあげます。
仕上がりは爽快で気持ちが良いため、定期的に通われる方も多くいます。
虫歯・歯周病予防のためには、3か月に1回が理想です。

毎日の歯とお口のケア

当院では、下記のような歯・お口のケア用品も取り扱っております。
歯の治療が無い方も、お気軽にお立寄り下さい。

歯科専用ガム『 POs-Ca F(ポスカ・エフ) 』を取扱っております。
日本学校保健会・日本学校歯科医会 推薦 学校保健用品推薦品です。

口中ケアタブレットBREO[ブレオ]EXを取扱っております。
舌ケアで、息キレイ!詳細はこちら>>

院長は歯ブラシ『口臭快道』の開発にも携わっています。
口臭快道は、電池不要!水だけのブラッシングでもOK!
ご家庭での歯磨きで歯垢の除去を容易にし、口臭を予防します。
歯ブラシの先端部に設けた+と-の2種類の金属(ガルバー二の電気の法則)が、 直接口の中でイオンを発生します。
ブラッシングにより歯垢の除去を容易にして、口臭の予防をします。

よく耳にする予防歯科の知識

歯磨き粉のCMなどで、耳にする「フッ素」とは?
フッ素は、肉や魚、野菜、牛乳、お茶の葉など、ほとんどの食品に含まれており、ビタミン類と同じ様に、毎日摂らなければならない栄養素の一つとされています。
歯にフッ素を塗ると虫歯になりにくい丈夫な歯になると、言われています。

口臭の原因は?
口臭の原因の多くは、口の中にあります。
口の粘膜は、皮膚の垢(あか)と同じように、細胞がはがれ落ちて、舌に白く溜まり腐敗します。これを舌苔(ぜったい)と言います。
舌苔は最大の口臭源で、口臭の6割が舌苔から発生すると言われています。
口臭の詳しくはこちら(テーマパーク8020)>>

歯ブラシは、定期的な交換を心掛けましょう。歯ブラシは定期的に取り換えましょう。
歯ブラシは古くなると機能が弱まってきます。
同じ時間、歯を磨いても、歯垢がしっかり落とせません。

歯ブラシの交換は、みがき方やみがく回数によっても様々ですが、
1ヶ月程度を目安に、新しいものへの交換をおすすめします。
毎月5日や10日など、交換日と決めておくことも、良い方法ですね!

デンタルフロスや歯間ブラシ
デンタルフロスは、糸の一種です。
両手の指先に巻いて、歯と歯の間をゆっくり前後させます。
歯間ブラシは、歯と歯の間の広い方・部分入れ歯・ブリッジをされている方などに特に最適です。歯肉のマッサージ効果もあります。