診療内容

一般歯科

一般歯科
一般歯科とは、むし歯や歯周病、入れ歯の治療など、 通常みなさまが歯医者へ通院した時に受ける治療の大半を、一般歯科と考えていただければ結構です。健康保険中心の診療となります。

虫歯かもしれない症状は?

  • 歯が痛い
  • 歯に食べ物がつまる
  • 温かい物、冷たい物が歯にしみる。
  • 歯の色が変わってきた。

歯周病かもしれない症状は?

  • 歯磨きの時、出血しやすい
  • 歯ぐきが下がってきたように思う
  • 歯がグラグラする
  • 歯ぐきが腫れた
※日本人成人の80%以上が歯周病と言われております。
歯周病は、初期の段階では自覚症状がない為、気がついた時にはかなり進行しているケースが多いです。少しでも気になる症状がある時は、お気軽に歯医者の検診へお越し下さい。

レーザー治療

レーザー治療では、知覚過敏・口内炎の治療、歯茎の黒ずみ除去などが可能です。

予防歯科

予防歯科
虫歯・歯周病などの予防のため、定期検診・歯のクリーニング(PMTC)などを行います。
歯周病の原因は、歯と歯茎の境目にたまる歯垢や歯石の中の細菌といわれています。
ですから、歯医者で定期的な歯のクリーニングを行うことで、虫歯や歯周病予防ができます。

歯のクリーニング(歯のお掃除・PMTC)

歯のクリーニングでは、毎日の歯磨きでは取りきれない汚れ・歯垢・歯石を取り除きます。
歯医者の専門の機材で徹底的に歯をお掃除し、歯の表面をつるつるに磨きあげます。
仕上がりは爽快で気持ちが良いため、定期的に通われる方も多くいます。
虫歯・歯周病予防のためには、3か月に1回が理想です。
「タバコのヤニ」「茶渋などの歯の汚れ・黄ばみ」「口臭」が気になる方に大変好評です。

小児歯科

小児外科
小児歯科治療は虫歯や歯周病予防の観点からもこの先の口腔内の健康を長く維持するために重要な治療です。当院では小児の歯科治療においてさまざまな側面から安心して治療を受けられるように工夫しております。

入れ歯

入れ歯
当院院長は入れ歯が専門分野で、大学の医局にて義歯(入れ歯など)補綴関係の指導医を4年間にわたって勤めてまいりました。したがって入れ歯関係の治療は多数の症例を経験しておりますので、この分野の治療はおまかせください。入れ歯が合わなくてお困りの方など、お気軽にご相談ください。
金属のバネがない入れ歯(ノンクラスプデンチャー・バルプラスト)
当院では、金属バネのない入れ歯を作成しております。

金属バネのない入れ歯の特徴

  • まず「入れ歯であることがわかりにくい」ということです。 一目では、入れ歯を入れているようには見えない程です。
  • スーパーポリアミドというナイロン系の素材でできているため、 薄くて軽く、さらに弾力性の高い素材のため、破折しにくいというのも特徴です。 もちろん、金属バネはありませんので、金属アレルギーの心配もありません。 見た目が美しく、お口の中も快適にしてくれる入れ歯です。

入れ歯(義歯)の費用・値段について

保険診療と自費診療、使用素材により異なります。
  • 保険の入れ歯素材は主に、プラスチック(レジン)となり、部分入れ歯のクラスプ(留め具)は、金属です。床の素材がプラスチックのため、一定の厚みが必要となってきます。
  • 自費の入れ歯素材を選択することができます。素材・構造などを工夫し、患者様のお一人ひとりのご要望に近づけることが可能です。

セラミック・ホワイトニング

セラミック・ホワイトニング
当院は、虫歯や歯周病を改善していく以外に、美しい口元を作るお手伝いをさせていただきます。最新の治療方法や素材を用いて、自然で美しい「白い歯」を再現する治療にあたります。 歯を漂白する「ホワイトニング」や、白い歯の詰め物・被せ物の治療「セラミック治療」などがあります。

セラミック・ホワイトニングはこんな方におすすめです。

  • 銀歯は嫌だ。白い歯で治したい。
  • 歯並びが悪くて悩んでいる。 口元を気にせず、自然な笑顔でいたい
  • 歯の色や形が気になる。整えてキレイな歯(歯並び)にしたい。

ホワイトニング

歯の汚れを取り除くのがクリーニング、歯そのものの色を白く漂白するのがホワイトニングです。 歯を一度クリーニングして、更に白くしたい方へはホワイトニングがおすすめです。

オールセラミック

銀歯ではなく、白い詰め物・被せ物などの歯の治療となります。
患者様のご要望に沿った治療を提供していきます。
※治療費用等は自費診療が中心になりますので、診療時に医師にご相談ください。

金属バネのない入れ歯・ノンクラスプデンチャー

歯を失ってしまった時の治療法は、今ではさまざまあります。入れ歯1つをとっても、たくさんの種類があります。当院では最近、金属バネの無い入れ歯・ノンクラスプデンチャーを作成する方が増えております。
こちらでは、簡単にノンクラスプデンチャーについてご説明をさせて頂きます。
あなたに合う治療法を選択する、お役に立てれば幸いです。
東京都国分寺にある当院の本間院長は、入れ歯を専門にしております。
入れ歯のお困りごとは、お気軽にご相談ください。

ノンクラスプデンチャーとは?

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャーは高齢者に大人気!
金属バネの無い入れ歯は、ノンクラスプデンチャーとも言われています。
バルプラストは、当院で採用するノンクラスプデンチャーの製品名です。
以前は、入れ歯の見た目が気になる方や、入れ歯が合わない方へは、インプラント等をご案内しておりました。
しかし今では、金属バネを使用しない、薄くて軽く、一目では入れ歯を入れているようには見えない程の入れ歯を、作成できるようになりました。
ノンクラスプデンチャー(金属バネの無い入れ歯)は、薄くて軽く、一目では入れ歯を入れているようには見えない程の入れ歯です!
手術や時間のかかる治療はありません。
入れ歯を専門とする当院は、1週間程で仕上がります。

入れ歯のこんなお悩みはございませんか?

入れ歯のこんなお悩みはございませんか?
  • 今の入れ歯が合わない。違和感を感じている
  • 入れ歯の見た目が気になる
  • 金属アレルギーの方
  • 人前で話をする機会が多い方
  • 入れ歯を気にせずに、食事や会話を楽しみたい

ノンクラスプデンチャーのメリット

ノンクラスプデンチャーのメリット
スーパーポリアミドというナイロン系の素材でできています。
薄くて軽く、さらに弾力性の高い素材です。
破折しにくいというのも特徴です。
もちろん、金属バネはありませんので、金属アレルギーの心配もありません。

装着感が良い

入れ歯の厚さがかなり薄くできるため、装着感は優れています。
入れ歯の重さは、従来の義歯の1/2の重さです。

見た目が良い

歯の表面に金属クラスプ(バネ)がないので、お口の中に入れても入れ歯と気づかれない程です。

装着した患者様のお声

半信半疑の方もいらっしゃると思いますが、当院では下記のように定評を頂いております。
「入れ歯を使用していることがわからない」
「めったに破折しない」
「入れた時の違和感が少ない」など
(もちろん、満足度に個人差はございます)

ノンクラスプデンチャーのデメリット

ノンクラスプデンチャーのデメリット
  • 自費診療となる
  • 制作に期間がかかる
  • 修理ができないケースは、作り直しになる
一般に、保険の入れ歯と比べると上記のようなデメリットがあります。
そのため当院では、5年間の保障をつけておりますし、西国分寺の分院の隣に技工所がありますので、新しく作る場合でも1週間ほどでお渡しできるようにしております。

何よりも、快適な装着感で歯への負担が少ないのが魅力だと思います。
そして見た目も良く、日々の生活が快適になると思います。
当院では、少しでも多くの方にご利用して頂けるように努力をしております。

ノンクラスプデンチャーの料金

自費診療になるため最大で12〜14万円くらいです。
本数が多い症例の場合も、当院では最大でこの程度となります。

お支払について

分割払いのご相談も受け付けております。
治療の相談の際、お気軽にお申出下さい。
※医療費控除や、医療保険が適応になる方もいらっしゃいます。
書類の書き方・申請方法など、ご説明しております。
ご不明点はご質問下さい。

専門の歯科医が、入れ歯の相談を行っています

本間院長は、入れ歯が専門分野で、大学の医局にて義歯(入れ歯など)補綴関係の指導医を4年間にわたって勤めてまいりました。
したがって入れ歯関係の治療は、非常に多く症例を経験しています。
簡単なことは、健診などのついでにご質問頂ければお答えします。
入れ歯相談でご予約を頂ければ、院長が丁寧にご説明します。
あなたの歯の状態、今の入れ歯の違和感の原因、さまざま入れ歯の種類、メリットデメリットなどお話させて頂き、あなたに合う治療法・治療計画をご紹介できると思います。
入れ歯のことでお困りの方など、お気軽にご相談ください。
入れ歯相談・健診のご予約は、お電話下さい。
TEL042-324-3113

医療費控除

医療費控除
高額の医療費を支払った場合、所得税が還付される場合があります。
当院では、対象となる方へは
書類の書き方や手続きの仕方などまでご説明しております。
お気軽に、ご相談下さい。

本人または生計を同一にする家族の方が医療機関にかかった場合、1年間(1月1日から12月31日)に支払った医療費が所得から削除される制度です。
医療費控除の対象となる医療費の要件 医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額です。(最高で200万円まで)
※(実際に支払った金額-保険金などで補填される金額)-10万円(その年の所得金額の合計額が200万円未満の人は所得5%の金額)
つまり、10万円を超える金額であった場合、所得が200万円未満の人は所得5%を超える金額であった場合、その超えた分に関して控除の対象となります。 実際にどのぐらいの金額が軽減されるかということは、その人の所得税率によって違ってきます。例えば所得税率が10%の人が年間30万円の医療費がかかった場合、上記の式に当てはめた20万円が控除対象となり、税率10%を掛けた2万円が減税になったということになります。